• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 12189
  • 公開日時 : 2018/04/09 00:00
  • 更新日時 : 2019/08/29 13:51
  • 印刷

アダプティブ・ラーニングが導入されているとのことですが、具体的に、学習はどのように進むのでしょうか。

カテゴリー : 

回答

 初回受講時に学習設定を入力していただきます。学年や履修範囲、英語の外部試験(ケンブリッジ英語検定、TOEFL iBT、英検など)の結果などを入力することで適切なスタート地点を判断します。進み方は講座やレベルによって異なりますが、概ね以下のような流れです。

 【1】まずは「Training」と呼ばれるアダプティブ・ラーニングで学習を積み重ねます。学習項目によっては、映像による解説講義が入ります。

AI技術により、理解が不十分な場合は復習や類題・映像講義へ、理解できたら次の学習へ、次の最適課題をリアルタイムで出題していきますので、自分の理解度にあわせた問題数・学習時間で、学習を進めていただくことができます。

 【2】 学習の節目で「Brush Up」と呼ばれる問題演習を行っていただきます。問題演習は、タブレットの画面上で出された問題に、解答を入力することで提出が可能となります。提出された解答は、Z会の添削者がオンラインで添削指導を行い、Z会受付後、約3日で閲覧が可能となります。
※学習項目によっては、「Brush Up」がない場合もあります。

【3】英語4技能講座では、適宜、LIPHAREの英語アセスメントを受験しましょう。結果はZ会Asteriaへ自動で連携反映され、学習設定が調整されます。

▽アセスメントについてはこちらのサイトをご確認ください。
アセスメントに関するFAQはこちら
 
Copyright(c) Z-kai Inc. All rights reserved.