• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 12183
  • 公開日時 : 2017/01/30 00:00
  • 更新日時 : 2017/06/27 09:16
  • 印刷

「無学年制」とはどういう意味ですか。難問が出題されるのでしょうか。

回答

現在の学年という枠にとらわれずに効率的に学習を進められるという意味です。


Z会Asteriaでは、アダプティブ・ラーニングを取り入れることで、1人ひとりの達成度に応じて次に学ぶのに最適な課題を提示することが可能となっています。指導要領による学年によって縛られた学習内容という枠にとらわれることなく、効率のよい学習ができます。
タブレットで学習することで、受講者の方の学習履歴が記録され、自分の学習状況にあった問題や学習を補助する映像が提示されます。つねに適切なレベルの問題で学習できるため、簡単すぎたり、難しすぎたりすることがなく、学習効率が高まります。
それぞれの学習単元が十分習熟するまで、受講者1人ひとりに合った出題がなされますので、意欲があればどんどん先に進むことができます。たとえば、中学生のうちに、いわゆる高校範囲を学習することも可能です。

*学習指導要領には準拠していないため、教科書の学習順序とは異なる順で学習が進みます。一部、教科書では扱わない内容も含まれることになりますが、すべてが難問から成り立っているというわけではありません。

 
Copyright(c) Z-kai Inc. All rights reserved.